最終更新日:2018/01/20

吹田市千里丘の俊カイロプラクティック院について

ここでは吹田市千里丘の俊カイロプラクティック院について紹介をしていきます。

院長の事であったり、施術の事であったりと院に関する情報はこのページに集約しました。

本ページに書いていない情報について

当院の特徴

当院の特徴についてなのですが「自分で自分の院の特徴を述べる」というだけではどうもフェアではない気がします。そこで実際に来院されている患者様に当院の特徴・印象について書いてもらいました。

この方がリアルな当院が感じ取れるのではないかと思います。

  • >「患者様が感じている」当院の特徴はこちら
  • >「院長が考えている」当院の特徴はこちら

院長について

20代で1ヵ月の寝たきりヘルニア人生を迎えた院長。

院長は20代で寝たきり生活という、かなりレアなヘルニア経験をした臨床家です。復活をかけて臨んだ総合病院では「手術ですね」とアッサリ宣告を受け途方にくれました。真剣にパラリンピックを目指そうかと思ったくらい落ち込みました。

もう二足歩行は無理なのか」と。

でも今は元気に二足歩行どころか飛び跳ねています。腰には今も椎間板ヘルニアは居ると思います。

いてもいなくてもどっちでもいいです。身体は自由に動くので。

俊カイロプラクティック院はそんな元患者の院長が「あの時の自分」の様な患者様の為にと作った小さなひとり院です。

院長の基本情報

  • 氏名:中村俊夫
  • 所属:カイロプラクティック志塾3期
  • 所属:日本カイロプラクティック連盟

当院の施術について

使用テクニック1:ベースとなるテクニック

当院の施術において基本となるテクニックは「カイロプラクティック」「オステオパシー」がベースとなります。その中でも色々な派生した細かいテクニックがあるのですが、書きだすとキリが無いので代表的なベーステクニックを紹介します。

  • ガンステッド・テクニック
  • ディバーシファイド・テクニック
  • コックス・テクニック
  • MET(マッスルエナジーテクニック)
  • AK(アプライド・キネシオロジー)
  • SOT

これらのテクニックがルート施術の間に挟み込まれています。

「ここまでがガンステッド!ここからがSOT!」といった厳密な線引きは難しいくらいに溶け込んでいる状態となっています。

使用テクニック2:派生テクニック

ベーステクニックとなるカイロプラクティック・オステオパシー技術に「日本人向け」に独自の工夫と改良を加えた派生テクニックです。DOCの先生は基本的に海外直輸入のテクニックとなりますが、当院はどちらかというと「輸入+改良」という日本人らしい味付けをした日本人特化のテクニックとなります。

欧米人と日本人では骨格も体格も、果ては物事の考え方に至るまで全く異なります。その為直輸入の技術ではどうにも技術の凸と患者様の凹が噛み合わない事が多いのです。一言で言うと「合わない」事が多い。

日本人は取り入れて工夫をするのは大得意ですので、技術に関してもやはり日本人向けに改良を加えらえれた技術の方が個人的には効果が高いと感じています。

  • 大越テクニック(ディバーシファイド・オステオパシーがベース)
  • 橋爪テクニック(ガンステッドがベース)
  • 畑中テクニック(身体均整法がベース)
  • Iルート(当院のルート施術の基本概念)

当院の施術の特徴

所属

  • 日本カイロプラクティック連盟
  • カイロプラクティック志塾(3期性)

施術で活躍する道具について

当院では基本的に手技での施術となりますが、時にサポート道具を使って施術を行う事もあります。そんな当院で活用される施術道具についてご紹介します。

>当院で活躍するサポート道具一覧

院長の考え

院長が施術や代替医療についてどう考えているのかをご紹介します。

施術についての考え

代替医療である事についての考え

その他の考え

HPのサイトマップ

サイトマップ

return top