【最終更新日:2016/01/19】

神経痛に初めて出会った時にするべきこと

神経痛に初めて出会った時にするべきこと

椎間板ヘルニアに限らず、初めての神経痛に悩む方は、

「一生懸命に自分は大丈夫と証明したがる」

という共通項目を持ちます。

「自分がヘルニアのはずがない。坐骨神経痛のはずがない」

これを自分の身体で証明しようと頑張るのです。

痛みをこらえて、無理に前屈をしたり、背中を反ったり。

この1回1回が自分の身体を痛めつけてしまう事を理解してください。

多くの初期段階のヘルニア患者さん、坐骨神経痛持ちの患者さんが、この「自己証明」の頑張りによって、自分の症状を悪化させてしまいます。

当事者にとってはとても重要に感じるこの作業ですが、外から見れば、「悪あがき」にしか見えないものです。

100害あって1利無し。

自分が神経痛で「あ!」と思った時、そんな時は

無理に自分の健康を証明するのではなく、素直に受け入れてください。

自分の今を受け入れる事は短期完治にとってとても大切な事です。

    return top