【最終更新日:2016/05/07】

生理学6【第一章:生理学の基礎】 物質の移動

5.物質の移動

  • 生体内では細胞膜、毛細血管壁を移動する。
    • 拡散
      • 濃度の高い方から薄い方へと移動する。
    • 浸透
      • 水の分子が溶質濃度の高い方へ移動する。
      • 半透膜の為、溶質分子が移動できない時などに見られる現象。
    • 能動輸送
      • 濃度勾配に逆らって細胞内に取り込んだり、細胞外へ排出したりする。
      • ATP分解によるエネルギーを利用する輸送。
        • 例:ナトリウム・カリウムポンプ
    • 膜動輸送(サイトーシス)
      • 食作用を持つ細胞の細胞膜へ、ある物質が触れると膜に凹みが生じ物質を取り込む。
      • 逆の流れは「開口放出」という。
      • 食作用・飲作用
    • 濾過
      • 小さな物質は通すが、大きな物質は通さない。

    return top