【最終更新日:2017/07/27】

今更の解剖学備忘録

骨についての備忘録。

腱組織、靭帯組織の付着部について。

上記の繊維は骨膜を貫き、緻密質と結合状態にある。

その為、強いストレスが掛かった際に、悲鳴をあげるのは「骨」である。

結合組織である腱や靭帯がちぎれるのではなく、それら膠原繊維と結合した骨の結合面の方が外力に耐え切れず、剥離をしてしまう。

また、靭帯、腱が骨膜を貫き、膠原繊維と結合している部分にはより多くの神経や血管が集まってきている。

    return top