【】

ピラティスポール

「〇〇ポール」として実に様々な呼び方のある健康器具・フィットネス器具です。

寝て腕をぶら下げるともう効果が出る。

自宅で取り組めて、かつ効果が高い在宅療法として患者様に紹介をしているのがこのピラティスポールです。ヨガポールやストレッチポールという呼び方もありますが、基本的には同じものとなります。硬さや直径が少し違いますが、効果はさほど変わりません。

とにかくこの上に寝て、腕をぶら下げるだけで「肩甲骨はがし」の効果がでます。当院では施術の中でポールを使うという訳ではなく、こういった道具もあるという事を紹介・体験してもらう目的で院に置いています。

正しい使い方をしないと効果が出ない

これはピラティスポールに限った話ではありませんが「正しい使い方」をしなくてはフィットネス道具は全く効果が出てきません。そこで損をしている人がかなり多いです。

そこで当院では「〇〇ポール」を自宅で使っている患者様、これから使おうと考えている患者様に対して「目的とそれに合致した使い方」をお伝えしています。ピラティスポールも「目的」によって様々な使い方が可能となる道具なのです。

AKBじゃありませんが「ポールで効果が出てないからといって、ポールを嫌いにならないで下さい!」の心境です。何せポールじゃなくて使い方に問題があるケースが殆どなのです。

気軽に当院で使い方を覚えていってください

ピラティスポールの使い方を学ぶには「理解して覚える」事が大事です。「見様見真似」で上手に使えている人は余り見た事がありません。効果はそれでも出てきますが、しっかり目的を持って取り組む場合に比べると雲泥の差です。

是非とも当院で使い方を覚えて、自宅で肩甲骨や頸椎をケアしてあげてください。

市販のポールは基本的に何でも大丈夫

市販されているポール関連はそれほど品質に変わりは無いように感じます。個人的には品質の問題よりも使い方の問題の方が比重が大きいと感じているからです。

これくらいのポールで十分

自宅で取り組む場合はこれで十分です。料金は2,000円でお釣りがくる感じですね。これを毎日する事によって得られる効果を考えると2,000円は非常にコストパフォーマンスに優れていると思います。

    return top