【最終更新日:2019/01/07】

各症状の対処法と健康の黄金方程式について

誰もが自覚症状「だけ」意識する

これは当たり前の事なのですが

  • 肩こりの人は肩こり「だけ」意識します。
  • 四十肩の人は四十肩「だけ」意識します。
  • 腰痛の人は腰痛「だけ」意識します。
  • 神経痛の人は神経痛「だけ」意識します。
  • ヘルニアの人はヘルニア「だけ」意識します。
  • 狭窄症の人は狭窄症「だけ」意識します。
  • 股関節症の人は股関節「だけ」意識します。
  • 膝関節症の人は膝関節「だけ」意識します。

自分を苦しめている症状・疾患に意識が向き、検索ではその疾患名、症状名「だけ」を入力し続けて情報を探ります。

少しでも早く自分の求める答えに辿り着くためです。

院長の椎間板ヘルニア時代もそうでした。

そんな当事者の時には気付かなかったけれど、施術家になってから気付いた事があります。

それは「症状・疾患が違っていても、対処法は基本的には同じ」ということです。

基本的には対処法は同じである事。

当院のHPには各種症状・疾患名別の対処法を掲載しています。

それは「自分自身の症状名、疾患名」をひたすら探し続けるのが患者特有の行動だと経験しているからです。

自分の症状・疾患以外の情報は全く目に入りません。

ですので各症状・疾患名別に対処法を掲載しています。

ですが、基本的には全部同じ内容です。

肩関節や、腰、股関節など異なる場所であっても「改善の為の取り組み」に大した違いはありません。

患者様は「各症状・疾患別で独自の対処法がある」と考えがちですが、そんなものはありません。

最適な対処法は

基本的に同じなのです。

基本は「関節運動」と「食生活」

どの様な症状・疾患であっても「筋骨格系の問題」であれば基本となる対処法は2つです。

  1. 関節運動
  2. 食生活

この二つに取り組めばまず改善します。

1.関節運動

筋骨格系の問題の場合、潜んでいるのは「運動不足」と「過剰運動」です。

〇運動不足
特定の筋肉だけしか使っていない、関節がしっかり運動させてもらっていない

〇過剰運動
特定の筋肉ばかり使っている

この状態にあります。

ですので、しっかりと本来の可動範囲で関節運動をさせてあげる事が大切なのです。

身体を設計図通りに使う事」が何よりの対策となります。

リハビリは特定の筋肉・関節が対象となる事が多く、全身のキネティックチェーンが活用されません。

しっかり全身のチェーンを稼働させて運動をする為にもノルディックウォーキングや水泳といった全身運動と呼ばれる運動を「複合的に」取り入れましょう。

全身運動はそれ単体で「完璧な全身運動」にはなりません。あれは「都市伝説」です。

そこだけは注意してください。

2.食生活

筋骨格系の問題を引き起こす大きな要因の一つが「肥満」です。脂肪細胞がそのまま負担となり関節の可動制限を引き起こします。

大袈裟ではなく、本当に減量をする事で身体に抱えている問題の多くが解決をしていきます。

私達が思っている以上に「肥満」という状態は身体に負担を掛けているのです。

脂肪という名の「鎖」が身体を縛っていると考えてください。そして減量は身体を縛っている鎖を解き放ち、本来の身体の持つ能力を発揮させてくれるのです。

2017年10月13日のヤフーニュースでは俳優の三宅裕司さんが-12kgの減量によって「アレルギー性鼻炎も治った」と述べています。これは決して大袈裟ではありません

減量によって身体を縛っていた鎖が解かれ、ホメオスタシスが身体の抱えている問題と向き合うだけの余裕を生み出した結果なのです。

減量がアレルギー性鼻炎を治したのではなく、減量によって起こされた身体の変化がアレルギー性鼻炎を治すに至った、アレルギー性鼻炎を起こす必然性を変えたという事です。

症状問わず「まず運動」「まず食生活」

世の中には筋骨格系以外にも沢山の疾患・症状があります。

ありますが、基本的には筋骨格系と同じです。

  • 「まず運動から」
  • 「まず食事から」

という認識を持つようにしましょう。

「運動と食事」を変えるという事は「生活習慣を変える」という事です。それで必ず「変化」が身体には起こります。

今の時代は「最新の治療法は?」という事ばかりに目が向かいます。でも答えは足元に転がっているのです。

自分自身がこの先どんな病気になろうと、どんな症状に悩まされようと

  • 「まず運動習慣を定着させよう」
  • 「まず食生活を見直そう」

という認識で自分と向き合えたなら怖い物無しです。

運動+食事=生活習慣=健康寿命

この黄金の健康方程式は絶対に覚えておいてください。

return top