【最終更新日:2017/08/07】

椎間板ヘルニアは沢山の事を教えてくれる

椎間板ヘルニアは沢山の事を教えてくれる

椎間板ヘルニアという疾患は大きなハンデのように感じるかもしれません。

実際、ヘルニア持ちというのは結構 「可哀想な目」で見られます。

でもそれは椎間板ヘルニアという疾患がしっかりと理解されていないからです。

椎間板ヘルニアを招いてしまった皆さん。

椎間板ヘルニアは大きな「きっかけ」となります。

自分をじっくりと見直してみてください。

余程の偶然性が無い限りは自分に「無理」を強いていた事を自覚できると思います。

ちなみに私は仕事のし過ぎです。

毎日18時間くらい働いていました。

とても楽しかったです。やりがいもあった。

ただ、社会ならではの「矛盾」も沢山感じながらの仕事でした。

そんな自分に対しての大きな「STOP」が椎間板ヘルニアだったと思います。

今、椎間板ヘルニアを診断され、悩まれている皆さんはどうでしょうか?

椎間板ヘルニアが起こる程の無理を重ねていたのではないでしょうか?

その無理を今後も続けるつもりですか?

世の中に溢れる「再発ヘルニア」の多くは、「無理を継続した」から起こったものです。

生活習慣の中での無理、仕事の中での無理。

人間関係の中での無理など、とにかく「緊張」を強いる環境から脱する事をしなかった。

交感神経を常に刺激する環境に戻ってしまった。

それゆえの再発がどれ程多いことか。

椎間板ヘルニアは間違いなく身体からの「STOP」サインです。

その椎間板ヘルニアという強烈なメッセージをどのように受け止めるのか。

それは実際に椎間板ヘルニアとなった皆さん自身が決める事なのです。

吹田市千里丘の俊カイロプラクティック院では大先輩の椎間板ヘルニア患者として

今、椎間板ヘルニアにお悩みの方へのサポートを全力で行います。

私は神様ではありませんので全ての椎間板ヘルニア患者を救う事は難しいです。

ですが、今の私の全てを投入して全力で応援します。

椎間板ヘルニアは学べる事が非常に多い。

今は身体の痺れや痛みで頭が一杯かもしれません。

でも、気持ちに余裕が出来た時には一度考えてみてください。

椎間板ヘルニアは意味無く起こるものではありません。

    return top