【最終更新日:2016/01/19】

椎間板ヘルニア患者の通る道。

椎間板ヘルニア患者の通る道。

今回は椎間板ヘルニア患者となった人が大体の場合において通る道をお伝えしようと思います。

まず、最初から椎間板ヘルニアだとわかる人はまずいません。

誰もが最初は腰痛から始まり、そして神経痛へと進化します。

その時に本能で感じるのです。

「何かがヤバイ」

でも、自分が大変なことになっているなんて認めたくないもの。

突然の歯痛に戸惑うケースと全く同じです。

予想だにしなかったものが突然やってきた・・・・

この恐怖は非常に厄介です。

  • 「認めたくない。」
  • 「きっと違うはずだ」

と「自分はきっと大丈夫という証明」を自分でしようと頑張ります。

これが大きな落とし穴です。

多くの椎間板ヘルニア患者が取る方法。

それが、前屈み、後ろへの反りなど、

「してはいけない行為」

です。

してはいけない行為をしても大丈夫なら、私はきっと大丈夫だと。こういう理屈で無理を自分でしてしまうのです。

その結果、症状が悪化し激痛は神経痛へと進化してしまう。

これは椎間板ヘルニア患者、坐骨神経痛の患者さんに多い落とし穴なので、

ひょっとして・・・・と感じた人は今後避けてください。

その逃避の行動は「かもしれない」という曖昧な希望にすがっているだけです。

正確な情報をしっかりと確保し、自分の身体と向き合う準備をしましょう。

椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も、梨状筋症候群にしても、

正確な情報なくして、最短距離での回復は在りえないと考えています。

 

    return top