【最終更新日:2019/01/06】

肩峰下包と三角筋下包について

結論

基本的には一連の滑液包と考えてよい。

 

時々、別の滑液包として扱う書籍があるが気にしない。

肩峰下包、三角筋下包を別々の組織として扱う書籍があったので混乱したが、「基本的に一連のもの」というので良いと思う。

わかりやすくする為に、「肩峰下-三角筋下包」という名称で覚えてしまう。

    return top