【最終更新日:2019/01/06】

栄養について

誰もが「+」で考える。

日本は基本「-」で考えるべき国。

食中毒となっているのである。

日本は余りに「中毒化」が日常・一般的になってしまっているので、「自分達の食生活が異常だ」とは思えなくなっている。

寄らば大樹の陰、多数派こそ正義、という国民性ゆえか。

これだけ血管系の疾患が当たり前になっている時点で気付くべきだ。

乳酸菌の入ったチョコで下痢を改善しようとする。

本当にそういう人が出てきているのが今の日本なのである。

    return top