【最終更新日:2019/01/10】

自宅での取り組みは「得」しかない

通院中の「宿題」は作ってでもしよう

整体や整骨院、カイロに通院中の時、「宿題」が出ていると思います。

あれは絶対にしましょう。

しなくても困りませんが、非常に損をしてしまう事になります。

宿題への取り組み方で回復ペースが大幅に変化するのです。

つまり、

  1. 自分で通院回数を増やしている
  2. 自分で回復までの総費用を上げている

という事なのです。

驚かれましたか?これは事実です。

宿題をサボって損をするのは「患者」だけです。

宿題は施術の段取りを先取りする

宿題はなぜあるのか?

そこをきちんと説明する院は少ないと思います。だから患者さんもモチベーションが上がらない。

これでは「ただするだけ」というパターンになるのも仕方がありません。

宿題の目的とは。。。。。

施術の段取りを
先取りする為

これに尽きます。

つまり、施術の一部を家で行う様なものです。

これは「する・しない」の差が患者様が思っている以上に大きいです。絶対にした方が患者様にとって良いことだと断言します。

身体にも優しく、
財布にも優しくなれます。

院と自宅の相乗効果を狙おう

誰もが願う最善の道。

  • 安全
  • 確実
  • 最短

この回復ルートに乗る事だと思います。

それには「施術家」と「患者様」がタッグを組むのがベストです。

  • 「自分でもできる事」は生活の中で
  • 「自分ではできない事」は院で

このパターンに入った時、患者様の回復力は全然違います。

患者様自身も身体に対する感度が高まる為に、身体の声が聞こえるようになってきます。

それはそのまま「施術効果の長期化」に繋がりますし「生活で対応できるか否か」の判断もできてきます。

こうなると、大抵の事は生活の中で解決し手に負えない場合は来院するというセルフケアのスキルが格段に上がります。

  1. 「通院回数・間隔が減る」という事
  2. 「費用が単純に低く済む」という事

自宅での自由時間が少し削られますが、自分の身体と向き合う「きっかけ」としては丁度良いのでは無いでしょうか。

症状を取る為だけの取り組みではなくもっと大きな枠「健康寿命、QOLの向上」を目的にしてください。

特に難しいことではありません。

ほんの少しの変化を
日常に加える

たったこれだけです。

  1. 1日でも早く元気を取り戻したい方
  2. 自分の身体の調子を自分で感じ取れるようになりたい方
  3. 自分で自分を調整する「予防策」を身に着けたい方

は、絶対に自宅で、自分でできる事にチャレンジすべきだと思います。本当に「メリット」ばかりです。

<<「患者様に伝えたい事」に戻る

ご相談はお気軽にどうぞ

tel

<<「患者様に伝えたい事」に戻る

<<TOPに戻る

return top