【最終更新日:2019/01/06】

医療と代替医療は方向性が少し違う。

医学と代替医療は別路線のもの。

カイロプラクティックや整体などは

  • 「非科学的」
  • 「医学的根拠がない」

といった批判をされる事が多いです。

医学と代替医療は違うベクトルを向いている

  • 医学は「痛み」を取ってくれる。
    • 痛みそのものの化学反応に強制的に介入する。
    • 即効性があり、効果は抜群。まさに科学的な魔法だと思う。
    • 痛みを取り、日常の生活をこなしている内に「自然治癒力」で体の日常を取り戻そうとする。
  • 代替医療は「痛みを起こした原因」を取り除くことで「痛み」が消えるように取り組む。
    • 痛みに関しては自然治癒力に任せる形。
      • 瞬時に痛みが取れることもあるが、損傷した組織の痛みは残る事も多い。
        • ただし、身体の可動制限が取り除かれているから活動への支障は無くなる。
  • そもそもの視点が別物。良い悪いの話ではない。
  • 「痛み」に対する捉え方が少し違う。
    • 西洋医学は否定的?
    • 東洋医学は肯定的。

    return top