【最終更新日:2017/10/20】

バイオラバー

皆さんは覚えていますか?競泳で「SPEED社」が開発したレーザーレーサーが物議を醸しだした事を!

一人じゃ着れない水着、一人で着るには「専用手袋」が必要だった水着。でもそれを着た選手が記録をバンバン更新していた水着。

その水着に真っ向から立ち向かった大阪のメーカー「山本化学工業」が作り出した素材がバイオラバーです。

赤外線の放射をしてくれる

このバイオラバー、独自のハニカム構造など難しい話は沢山あるのですが、その効果は如何に?というところでは「4~25ミクロンの赤外線放射」という点となります。

その赤外線の放射量が非常に大きいのがバイオラバーの特徴です。つまりは小さな赤外線の療術素材という事ですね。

内臓が確かに良く緩む

このバイオラバーですが、確かに筋肉が良く緩みます。内臓調整の時にバイオラバーを併用するとお腹に強い緊張がある患者様の場合でも比較的早いタイミングで緩みだします。

その為、段取りがとても組みやすく「内臓調整の補助具」として当院では秋~冬場に活躍してくれています。

低下は驚きの30,000円超え!

このバイオラバーですが、思いのほか高額で当院で使用している「Pタイプ」が1枚31,500円という価格。中々手が出る価格ではありません。

そんな時にはインターネットがお得です。

インターネット通販はとってもお得

ただ、当院の場合は「施術のブースター役」として活用をしていますので、バイオラバー単体で患者様が望む結果が出てくるかどうかは微妙だと思います。

    return top