【最終更新日:2017/10/20】

プチブロック

結構色んな治療院で見かけると思いますが、当院でもやっぱりあります。主に胸椎の矯正時に活用するのですが、他にも色々活躍してくれます。

当院では胸椎矯正で大活躍

このプチブロックですが、メーカー推奨の使い方は非常に多彩です。ただその使い方は基本的に仰向け(仰臥位)での使用です。ですが当院では坐位で最も使います。

当院での最も利用率が高い使い方は「坐位 or 立位」での胸椎矯正時です。このプチブロックが院長の手の代わりとなってコンタクトポイントにしっかり圧を載せてくれます。後は院長が後ろからスラストを加えればプチブロックを通じて矯正圧が対象となる関節にダイレクトに伝わるという訳です。

プチブロックの幅の分だけ踏み込みを浅くすることができますので施術する側としてはとても楽です。

足の挙上でもたまに活躍

ヨガブロックと同じような使い方をする場合もあります。ですがヨガブロックがあるので今はこの使い方は余りしていません。

頭部の自重牽引でも稀に活躍

これも偶に使う方法ですが、枕の様にプチブロックを設置して自重牽引を図る事があります。後頭骨を自重で牽引する事によって後頭部のつまりを感じている患者様の諸症状の緩和、頸椎のS字カーブの回復を図れます。

但し、これも半円枕や牽引タオルによる後頭骨牽引などのより効果的な方法がありますので余程の事が無い限りはプチブロックでの牽引は登場しなくなりました。

    return top