【】

簡易ドロップテーブル(骨盤用)

骨盤用の簡易ドロップです。リホーマーMR500が手元に無かった時代には主力選手でしたが、今ではMR500が登場したのでめっきり出番は減りました。ドロップ自体も機械式のドロップ機構より橋爪式のボディドロップの方がよっぽど優しく効果的です。

股関節の調整の際に活躍する

このドロップは本来骨盤用のドロップなのですが、リホーマーMR500には骨盤ドロップが備わっています。更には自重をしっかり使った橋爪式のボディドロップがあるので機械式のドロップは余り骨盤では使わなくなっています。

ですが股関節の調整の際には今でも活躍してくれています。橋爪式は骨盤~腰椎には非常に効果的なのですが、長梃子を利用する方法である以上は外転・外旋運動を加えつつ行う当院の股関節調整には活用できないのです。そこでこの簡易ドロップが活躍してくれます。

簡易だからこそ位置調整が容易

リホーマーMR500の骨盤ドロップを股関節調整で使おうとすると、どうしても患者様に細かい移動をしてもらう必要があります。それは患者様には負担以外の何物でもありません。そこでこの簡易ドロップが活きてきます。こちらが股関節の位置に簡易ドロップを差し込む事であっという間に股関節調整用のドロップ機構が完成するのです。

これを使って股関節を調整すると本当に股関節周りが緩みます。ドロップを使わないで挑戦もしましたが院長が無駄に汗だくになるだけで効果は微々たるものでした。

道具は結局「使い方」で活きると再確認

この骨盤用の簡易ドロップですが、まさか股関節調整でこうも復活するとは思っていませんでした。元々は骨盤調整用のドロップですが、結局は施術する側が「どう使うか」という事で如何様にも道具は化けるという事を再確認させてもらいました。

    return top