【最終更新日:2020/02/21】

「技術」とは「登山道具」である。

十分な道具と十分な熟練

この2つが揃って
初めて専門家の道が開ける

「技術」とは「登山道具」である。

それでは施術家が武器とする「テクニック・手技」は何に当たるのか?

引用:http://urx.red/0uSy

「登山道具」です。

手持ちの道具が多いほど楽になり、使い込まれた道具であるほど効率を良くしてくれます。

山(身体)への負担も少なく、登る側(患者様)の負担も少なくなります。

  1. 「より多くの道具」
  2. 「より磨かれた道具」

これはもう治療家にとって必須のものであり、価値そのものです。様々な道具(技術)が、それぞれの形で使い込まれています。

大事なポイントですので繰り返します。

この「道具の数」と「道具の熟練度」こそが「その院にしかない価値」です。それを見極める様にしてください。

決めるのは貴方だ

「多くの道具」と「磨かれた道具」

この2つが揃わない治療家は「初心者ガイド本を持ってガイドしてくれる自称伝説の山岳ガイド」だと思ってください。

良く見るとそこら中で旗を振っています。

こんな感じ

  1. 「何故?私は〇〇人も安全に登頂させる事ができたのか?」
  2. 「私、山岳ガイドに指導をしています」
  3. 「他の凄腕山岳ガイドから推薦されました!」

旗にはそんな文字がたなびいているはずです。

さぁ、誰を選ぶかは貴方次第です。

ご相談はお気軽にどうぞ

tel

<<俊カイロTOP

    return top