【最終更新日:2019/01/15】

施術とは「哲学」である

「施術は哲学だ」

神業を誇る匠は

例外なくこの言葉を口にする

揺るぎない自信と共に

施術とは「哲学」である

カイロプラクティックという技術は基本的に3つの概念で構成されています。

  • 科学
  • 芸術
  • 哲学

私がヘルニア患者として初めてカイロに関わった時、この3大概念は全く頭に入ってこなかった事を覚えています。

「何が芸術だよ、何が哲学だよ。学者か!」と感じたのです。

ですが今は違います。

本当に手技療法とは「科学」「芸術」「哲学」が編み込まれた「1点物」の作品です。

カイロプラクティック医学とは「科学」

3大概念の一つ「科学」とはカイロプラクティック医学そのものです。

日本では民間療法という扱いですが、欧米では「医学」の1分野です。つまりカイロプラクティックとは「科学」なのです。

日本ではカイロは背骨の「矯正術」という認識ですが、実際は「医学的根拠に基づいた治療行為」というのが国際的な認識となります。※日本では国家資格化がされていませんので「施術行為」となります。

決してカイロプラクティックそのものが危険だ・科学的根拠がないというものではありません。

科学的根拠は国外で幾らでも発表されているのです。

磨かれた手技は「芸術」に昇華する

磨かれた「手技」は芸術作品です。

  1. 人間の手で働きかける
  2. 時に手は検査具となる
  3. 時に手は施術具となる

1つの手が様々な役割を担い、流れるような動作の中で矯正は完結します。

優れたカイロプラクターの施術はそれ自体が「芸術」の域に達しています。

「哲学」とはその院の施術そのもの

ここが何より重要です。

私が3大概念の中で最も重要視するのが「哲学」です。

これはもう「院の顔」になると考えてください。HPや広告物においても「実績」よりも、「院の哲学」部分がしっかり掲載されているかが信頼できる施術家の別れ道となります。

  • 科学:カイロの知識
  • 芸術:磨かれた技術
  • 哲学:院長のスタンス

院の施術は「哲学」の方向性で決まります。

院長が持つ独自の「哲学・解釈」がそのままその院の施術スタイルとなります。

同じカイロの看板でも、その取り組み方は院長ごとに全く異なるのです。

手技療法は一点物の世界

手技療法は1点物の世界です。

同じ院であってもスタッフが違えばもう違う施術です。同じことをしても「同じ施術」にはなりません。

それは人間関係が大きく関わる世界だからです。

信頼できる人間の施術である事。
そこに意味がある。

それが手技療法の世界です。「優れた技術」だけでは成り立ちませんし「信頼関係」だけでも成り立ちません。

「技術と信頼」が揃ってこそです。

だからこそ「信頼に足る人物か」を哲学から見定めましょう。哲学無き治療家に身体を預けるのはリスクが高過ぎます。

ご相談はお気軽にどうぞ

tel

<<俊カイロTOP

return top