【最終更新日:2016/01/19】

「ゆるめる」事で睡眠が深くなる。

「ゆるめる」事で睡眠が深くなる。

「身体をゆるめる」

このテーマが最近ブームなのか、日常生活の中でも色々考えてしまいます。

実際に、自分自身で実感できた「ゆるめる」事の意義についてご紹介します。

個人的にゆるめて得したな~と感じたのは

「ぐっすりと大の字で眠れるようになった」

という事。

元々、大の字で眠る、ぐっすりと眠るというのは特技だったのですが、どうしても仕事が忙しくなってくると、眠る姿勢が崩れてしまい、眠りが浅くなったりしていました。

そんな時は決まって翌日が辛い(泣

そうなる事がわかっているので、頑張って大の字でグーグー眠ろうとするのですが、そんな時で決まって、大の字で寝ることが「しんどい」のです。

身体がカチコチなんですよね。

不自然の自然

正にこの状態なのだと自分でも思います。

そこで、寝る際に大の字になって「ゆるめる」運動をしてみたのですが、

その結果・・・・・・

見事にぐっすり眠れるようになりました。

余りにぐっすり眠りすぎて、「・・・・?もう朝か?」

と思ったらまだ夜中の11時とか。

本当に深い眠りにつくと、2時間も寝たらスッキリするんですよ(笑

これには自分が一番ビックリしました。

寝ぼけて起きたのではないのです。

本当に身体がスッキリ、朝日と共に目覚めたかのようなスッキリ感。

身体をゆるめて睡眠をとると、「ぐっすりと眠れる、それも大の字で」という余りに大きなメリットがあると感じました。

皆さんも是非、一度取り組んでみてください。

    return top