【最終更新日:2016/08/22】

解剖学61 【第10章:運動器系】 5.下肢:下肢の脈管

4.下肢の脈管

1.下肢の動脈

1.大腿動脈

  • 「外腸骨動脈」→「大腿動脈」へ移行→「膝窩動脈」へ移行→「前脛骨動脈・後脛骨動脈」へ移行

2.膝窩動脈

  • ※膝窩静脈は膝の屈伸で良く曲げ伸ばしされる静脈。動脈瘤ができやすい。

3.前脛骨動脈

4.後脛骨動脈

2.下肢の静脈

  • 主に伴行静脈
  • 皮膚表面に見える静脈
    • 足背静脈網
    • 足底静脈網

1.大伏在静脈

2.小伏在静脈

3.リンパ

  • 下肢リンパは大腿三角に向けて流れる。
  • 下肢、外陰のリンパも大腿三角へ
  • 大腿三角は鼠径リンパ節で多数のリンパ節がある
  • 下肢の外傷、外陰部の腫脹、感染症の場合は鼠径リンパ節が主張する。

 

    return top