【最終更新日:2018/08/23】

股関節と脊柱の連動について

股関節と背骨は連動している

股関節は背骨と連動しています。股関節を外側へ30度開いた時、実は開いた側の足だけで30度開いた訳では無く、反対側の足と15度ずつに分割して合計で30度という角度を作り出します。

骨盤と背骨が運動に参加している

この骨盤の外開き運動(外転)の際には股関節の動きに合わせて必ず「骨盤」と「脊柱」が運動参加しています。

つまり、股関節の運動には「背骨の柔軟性」と「骨盤の柔軟性」が必要条件となるのです。このいずれかが運動制限を受けると、股関節の運動は正常に働きません。

ですが、それを股関節への対処によって解決する事も困難です。

何故なら、それは「背骨」か「骨盤」の運動制限によって生まれた問題であるかもしれないのですから。

骨盤だけの施術では足りていないというのはこういう事なのです。

    return top