【最終更新日:2020/02/09】

自分を責め続けない様に

自分を責めるのは楽だ

ただ、足踏みだけでは変化は起こらない。

現実を認める事で歯車が動き出す

自分を責め続けない事。

まさかと思っていた症状に襲われた後、人は大概自分を責めます。

  • 何でもっと聞く耳を持たなかった
  • 何でもっと用心できなかった
  • 気付くチャンスは沢山あったのに

私の場合もそうでしたが「後悔の嵐」は症状の重さに比例します。ただ、これは自然な流れですので、存分に自分を責めましょう。

問題は「永遠に自分を責め続けるループ」にはまる事です。

これは「今の不自由な自分」を受け入れられない場合に良く起こります。この無限ループだけは絶対に避けて下さい。どれだけ責めても戻れません。

「自分はもう発症前には戻れない」

この現実を受け入れる事で自分を責める無限ループからスポッと抜け出せます。

辛い経験は人生の肥やしになる

割と本当の話です。復活した後に気付くと思いますが「見え方・感じ方」に変化が起こります。

初めて経験する「圧倒的な不自由」が自分という人間の「器」を広げてくれます。

この経験をポジティブに受け止めるにはもう少し前に進む必要がありますが、本当に貴重な経験をしている事だけは覚えておいてください。

私は本当に人生が変わりました。

    return top