【】

眩暈(良性発作性頭位眩暈症:BPPV)について

眩暈(良性発作性頭位眩暈症)について

女性にとても多い症状です。昔は「眩暈」と呼ばれていましたが、最近は「良性発作性頭位眩暈症」という新しい名称がついていますね。TVでは大抵こちらが使われています。

2つの眩暈

  1. 「耳石の迷子」
  2. 「耳石の接着」

当院では眩暈を大きく2つに分類して対応しています。ですが、耳石そのものに対処をしても定期的に眩暈を起こす方が多いです。

当院では物理的な「耳石」による眩暈は純粋に耳石へのアプローチを行います。

「耳石の迷子」からの眩暈は

耳石の迷子による眩暈は、単純に耳石の道案内を行い流していきます。たったそれだけですが、本当にそれだけで改善します。

内耳の迷路を道案内します

この場合、耳石そのものが問題なのではなく「迷い込んだ場所」が問題なのです。

「耳石の接着」による眩暈は

耳石がクプラにくっついてしまった事で起こる眩暈は、振動を与えて剥がしていきます。空手チョップの様な振動では無いのでご安心下さい。微振動の機械を使って剥がしていく感じです。剥がれた耳石は道案内をしてあげたら完了です。

これを使う場合もあります

パチンパチンとクプラに刺激を送って剥がしていきます。

臨床で見る限りのお話

良性発作性頭位眩暈症をお持ちの方は、かなり強いストレス環境下にある方が多い様です。

その場合は耳石の問題よりも「ストレッサー」への対処の方が確実な効果をもたらすケースが非常に多くなります。この場合は自律神経の交感神経優位による血流障害が原因だと思われます。

片頭痛がセットとなる眩暈に多いです。

良性発作性頭位眩暈症は「耳石」という物理的なものによって引き起こされるものの為、その場で対処をしてもまた「別の耳石」によって同じ現象が起こりやすいです。

耳石が剥がれるという現象を改善させない限りはループにはまるケースが多い症状ですので、根本的な解決は耳鼻科の先生に相談されるのが良いと思います。

施術はあくまで「その場の解決」が限界となるためです。

不安な方はまず病院へ

眩暈やふらつきはちょっと怖くなると思います。頭の病気だったらどうしようと。ですので、そういう時にはまず病院で検査をしっかり受けてみてください。一番身体に悪いのは「モヤモヤを抱え続ける」という状態です。大きなストレスよりも「小さなストレスが常にいる」という状態は自律神経を狂わせ、日々の代謝活動に思い切り影響を及ぼします。

不安は消し込みましょう。問題があったなら解決しましょう。

心身共にスッキリする事が健康にとって大切なのですから。

お問い合わせはお気軽に

俊カイロに電話

    return top