【最終更新日:2016/07/16】

解剖学37 【第10章:運動器系】 2.全身の骨格 【胸郭】

2.胸郭

  • T:12個の椎骨
  • 肋骨が12対(24本)
  • 胸骨:1個
  • 合計:37個の骨

1.胸骨

  1. 胸骨柄
  2. 胸骨体
  3. 剣状突起

2.肋骨

  • 肋骨体下縁には肋骨溝という溝があり、肋骨動脈・肋骨静脈、神経が通る。

3.胸郭の全体像と運動

  • 胸骨柄の上縁はT2の高さ
  • 肺は第一肋骨の情報数cmまで出ている。
    • 鎖骨直下まで肺はあると思って良い。
  • 胸郭全体は運動性がある。
    • 呼吸運動に関わる
  • 肋骨を引き上げる事で胸郭を拡大する。
    • 胸式呼吸
  • 肋軟骨は骨化・石灰化のリスクがある。
    • 胸郭の可動性を削り、呼吸障害が起こる。

    return top