【最終更新日:2016/07/17】

解剖学38 【第10章:運動器系】 2.全身の骨格 【上肢の骨格】

3.上肢の骨格

  • 上肢の骨
    • 上肢帯:体幹と連結する骨
      • 鎖骨~肩甲骨
    • 上肢:肩関節より遠位で運動性のある自由上肢

1.上肢帯の骨

1.鎖骨

  • 胸骨端⇒体表からも隆起を感じる
  • 役割
    • 1.体幹から上肢を引き離す
    • 2.肩関節の位置を動かす
  • 四足動物には鎖骨はほぼない。

2.肩甲骨

  • 逆三角形の扁平な骨
  • 上角・下角・外側角
  • 上縁・内則縁・外側縁
  • 肩甲棘は肩関節頂上で肩峰となり、明確に触診可能。
  • 棘上・棘下・肩甲下の三つの窩がある。

2.自由上肢の骨

1.上腕骨

  • 上肢の中で最も長く、太い長管骨
  • 大結節
    • 上腕・外側面
  • 小結節
    • 上腕・前面
  • それぞれの結節の下には結節稜が続く。
  • 内側上顆の後方に尺骨神経溝がある。
  • 上腕骨体後面の中央に橈骨神経溝がある。

2.前腕の骨

  • 橈骨
    • 上腕二頭筋が付着する。
  • 尺骨
    • 肘頭から手首に向かって尺骨の稜線を辿ると「尺骨頭」「茎状突起」が触診できる。
    • 上腕筋がつく。

3.手の骨

  • 手根骨
  • 中手骨
  • 指骨
1.手根骨
  • 4:4の8個
    • 近位
      • 舟状骨
      • 月状骨
      • 三角骨
      • 豆状骨
    • 遠位
      • 大菱形骨
      • 小菱形骨
      • 有頭骨
      • 有鉤骨

【備考】

  • 手根管
    • 二つの隆起の間を靭帯性の屈筋支帯が張り、「手根管」を構成する
    • 橈骨側:舟状骨・大菱形骨による橈側手根隆起
    • 尺骨側:豆状骨・有鉤骨による尺側手根隆起
  • 指の屈筋腱・正中神経が通過する。
2.中手骨
  • 掌を作る。
  • 手根中手関節を作る(CM)
  • 中手指節関節を作る(MP)
  • ゲンコツの先端に中手骨頭が触れる。
3.指骨

3.上肢の関節

1.胸鎖関節

  • 体幹と上肢を結ぶ唯一の関節
  • 胸鎖関節の内部は関節円盤に2分される。
    • 球関節なみの運動性を持つ関節

2.肩鎖関節

  • 関節円板は不完全が多い

3.肩関節

  • 球関節
  • 関節窩より上腕骨頭が大きいので関節面が広くとれる。
    • 関節包も緩いので運動性が非常に高い。
    • 但し、その分脱臼しやすい。
  • 関節唇によって関節窩を補強している
  • 滑液包によるサポート
    • 肩峰下包など。
  • ローテーターカフによるサポート
    • 回旋筋腱板ともいう。

4.肘関節

  • 腕尺関節
  • 腕橈関節
  • 上橈尺関節
    • 橈骨輪状靭帯

5.橈骨・尺骨の連結

  • 橈尺関節
  • 前腕骨間膜
  • 車軸関節

6.橈骨手根関節(手関節)

7.手根骨どうしの関節

8.手根中手関節

9.中手指節関節

10.指節間関節

 

 

    return top