【最終更新日:2016/07/23】

解剖学45 【第10章:運動器系】 3.体幹:体幹の運動

2.体幹の運動

  • 1.脊柱の運動
    • 前屈
    • 後屈
    • 側屈
    • 回旋
  • 2.呼吸運動
    • 1・胸郭の拡大・縮小
    • 2.横隔膜の上下運動
    • 3.腹壁の拡大・縮小(個人の解釈)
    • 4.腹壁内臓の上下運動(個人の解釈)

1.体幹の前屈・後屈

  • 胸部
    • 動きは小さい
    • 前:胸郭による制限を受ける
    • 後:胸椎の棘突起の傾斜で制限を受ける。
  • 腰部
    • 動きは大きい
    • 前:腹直筋が働く
    • 後:脊柱起立筋が働く

2.体幹の側屈

  • 胸部:動きは小さい
    • 胸郭の制限がある。
  • 腰部:動きは大きい
    • 側腹筋が働く
      • 主に片側のみの収縮による
      • 外腹斜筋
      • 内腹斜筋
      • 腹横筋
      • 腰方形筋
      • 脊柱起立筋の一部

3.体幹の回旋

  • 胸部・腰部共に小さい。
  • 脊柱全体の運動として現れる。
  • 横突棘筋を中心にして起立筋、側腹筋が関与する。
  • 側屈+回旋の動きになる。

4.呼吸運動

  • 吸気
    • 1.外肋間筋による肋骨の挙上
    • 2.横隔膜の下方への収縮で起きる
    • ※深呼吸時には下記の補助筋も加わる。
      • 胸鎖乳突筋
      • 斜角筋
      • 大胸筋
      • 前鋸筋
  • 呼気
    • 1.吸気筋の弛緩と内肋間筋による肋骨の下降
    • 2.腹壁筋の収縮による横隔膜の挙上
      • 腹圧が非常に大切
  • 【備考】
  • 肩甲骨の軸は肩鎖関節を中心に回旋する。
  • 鎖骨の運動で肩の位置が決まる。

    return top