最終更新日:2018/01/17

他人と過去は変えられません。でも自分と未来は変えられます。

なった現実を嘆くより、克服する未来に目を向けましょう。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で間欠跛行が起こった人、寝たきりになっている人は誰もが「自分に起こった悲劇」を嘆きます。

  1. 何で俺がなったんだ
  2. 何であいつじゃないんだ
  3. 俺が一体何をしたんだ
  4. こんなの不公平だ

本当にこんな気持ちが沸き上がってきます。院長は1日中天井を眺めながら考えていました。

  1. 神様がルーレットで自分にしたのかなぁ
  2. 神様がくじ引きでもして自分になったのかなぁ

完全に自分が「被害者」になっていたのです。実際は「体を追い詰めた加害者」なのに。

この様な「被害者意識」は発症当初の代表的な患者思考です。自分は悪くないのにどうしてと。でも多くの場合は「無自覚」のままそこ(発症)に至る道のりを歩いてきています。

「まさかこんな事になるなんて」と戸惑っているだけなのです。

ただ、嘆いていても時間は戻せませんし、状態は変わりません。状態を変える為には動くしかないのです。「何であそこで止められなかったんだろう」と過去を嘆くよりも「どうやったら最短で復活できるんだろう」と明るい未来に向けて思考を張り巡らしましょう。

具体的な方法論が見えてくると一気に道は開けていきます。

なった過去は変えられないが、回復までの道程は変え放題です

ギックリ腰のような激しい腰痛や神経痛、痺れの発症直後は「なった事」で頭が一杯になりますが、それはどうあがいても変えようがありません。

「後悔先に立たず」

「後の祭り」

という言葉が見事なまでに当てはまります。過去は変えようが無いのです。

ですが未来は違います。

  1. どういう方法で改善に取り組むか
  2. いつから始めるか
  3. いつ頃に復帰予定にするか

必ずしも望んだとおりになるとは限りませんが、何でもかんでも決めたい放題です。自分でコントロールできる事だらけです。

ただ「自分がするかしないか」というだけで。未来を変えたいなら変えればいいのです。そのハンドルは自分が握っています。

つまり、過去に執着する自分が変わればそのまま未来が変わっていくという事です。発症した事、発症する前にばかり拘る自分だと何も前に進みません。いつまで経っても同じ場所に立ち続けています。

一方で回復する事に目を向けている自分だと前へ前へと気持ちも身体も前に進みます。新しい事に挑戦して身体はどんどん新しいステージへと上がっていきます。

神経痛やヘルニアの発症という辛い経験はしましたが、それでも未来は変え放題なのです。そしてそのカギとなるのは「自分自身」だという事を忘れないで下さい。

他人と過去は絶対に変えられません。でも、自分と未来はいつでも変える事ができるのです。

「学ぶ」という事は新しい自分を生み出すという事です

自分と未来を変えるという事はそれほど難しい事ではありません。ある意味日々の生活でも行っている事です。

  1. 知らない事を学ぶ事
  2. 集めた情報と知識を取りまとめる事
  3. 新しい選択と決断をする事
  4. 実際の行動に移す事

これは全て「自分を変える」事であり「未来を変える事」に他なりません。いわば自分自身を更新し続けているようなものです。

ヘルニアや坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などで悩んでいる人も自分を見つめ直せば良いのです。

  1. ヘルニアを学ぶ、脊柱管狭窄症を学ぶ
  2. 痛みや痺れの因果関係を学ぶ
  3. 痛みや痺れの対策法を学ぶ
  4. 実際に自分で取り組んでみる

自分の「知らない」を一つ一つ塗りつぶしていき理解を深めると今まで見えなかったものが沢山見えてきます。

新しい風景を見てまた新しい気付きを得て行動する。ヘルニアや脊柱管狭窄症の治療とはそういうものです。学んで日々自分自身を更新していく作業。その結果、自分が大きく変わり未来も大きく変わっていきます。

「不安」は「知らない」事が作り出しています

ヘルニアや脊柱管狭窄症について発症前から理解している人はそういません。誰もが発症時点では「素人」です。

自分に起こった事に対する「情報」「知識」「経験」が無いというのは恐怖です。「得体のしれない状態」になっている訳ですから。だから病院で診断を受けて安心をする患者様が多いのです。

「自分は原因不明の疾患では無かったんだ」と。

ただ、診断名がついたからといって解決をする訳ではありません。問題は症状を消す事です。

診断名が出たのにまだ症状が残る。その状態で心を壊されていく患者様は非常に多いです。そうならない為にも自分で予防策を打っていきましょう。

自分に足りないものは「情報」と「知識」です。「経験」は今まさにしています。ヘルニア、脊柱管狭窄症といった診断名に関する情報や知識。そして神経痛や痺れといった症状が起こる因果関係に関する情報と知識。

自分の身体に何が起こっていて、どうして症状が出ているのか。

そこに「因果関係」を見いだせれば特に不安は無くなります。「原因」があるから「起こっている」流れが見えているので怖くないのです。

自分でできる最大の治療とは「不安を消し込む事」です。

そして不安を消し込むという事は「モヤモヤ(情報不足)」していて良くわからない状態を解消する(情報を集めて理解する)事なのです。

身体の事をもっと知りたいと思ったらお気軽にご相談下さい。

施術のみならず、自分自身の身体の事をもっと知りたいと思ったらその瞬間がベストタイミングです。

身体の事を知り、身体の可能性を広げていく取り組みを生活の中に作り上げていきましょう。

当たり前の生活を送る為には自分が健康であることが必要条件です。当院はそのお手伝いをいつでも致します。

tel

<<目次に戻る

return top